施工事例

ブログ

Blog
2021.10.12

【性能の基礎知識】テクノストラクチャーの家づくり

こんにちは、iMAGiNE HOME (イマジンホーム)です。

イマジンホームでは、お客様のご要望に応じてテクノストラクチャーの家づくりも可能です!

テクノストラクチャーとは、パナソニック独自の最先端技術を用いて、住宅の耐震性能を高める工法のことです。木材と鉄を組み合わせた特殊な梁「テクノビーム」を使うことで、地震に耐えうる住宅の強度を実現します。

テクノストラクチャー工法を用いることで、柱なしの大空間や広々とした吹き抜け、大きめの窓をたくさん付けた部屋など、設計の自由度が高くなるのもメリットです。通常の工法では実現が難しい間取りでも、テクノストラクチャー工法なら希望が叶うかもしれません

テクノストラクチャーの家では、住宅1棟1棟の「構造計算」を行い、お家の安全性を確認します。
構造計算とは、柱・梁・床・壁などすべての部材を考慮して、地震や積雪、台風等による住宅への影響を計算する手法です。

木造2階建て以下の住宅では、構造計算は義務化されていません。しかし、構造計算を行うことで、より災害に強い家にすることが可能です。

テクノストラクチャーの家は、建築基準法で定められた耐震基準の1.5倍にあたる、耐震等級3相当の性能を持っています。地震対策にこだわりたい方は、テクノストラクチャーの家づくりを検討してみてください

テクノストラクチャーの家づくりについてもっと知りたい方は、お気軽にイマジンホームにご相談ください。

トップへ戻る