施工事例

ブログ

Blog
2021.09.14

【性能の基礎知識】地震対策は「耐震+制震」が重要

こんにちは、iMAGiNE HOME (イマジンホーム)です。

日本は地震大国といわれています。近年はとくに、日本各地で大規模な地震が発生していることもあり、住宅の地震対策が気になっている方も多いでしょう。

住宅の地震対策としては「耐震」がよく知られていますが、より安全性を高めるなら「耐震+制震」の性能を持った家にすることが大切です!

耐震とは、住宅の強度を上げて「地震に耐え倒壊を防ぐ」対策のことです。一方制震は、制震装置を用いて「地震の揺れを制御する」対策です。

イマジンホームでは、制震ダンパー「MAMORY」を標準搭載しています。制震ダンパー「MAMORY」は、鋼板と特殊なゴムを組み合わせた制震装置です。

制震ダンパーを搭載する最大のメリットは、地震発生時の揺れを軽減できることです。ゴムが揺れを吸収するので、余震などで地震が複数回起こっても、建物の被害を最小限に抑えられます。

「どの家にも普通に搭載されている技術なのでは?」と思われるかもしれませんが、実は制震ダンパーを住宅に標準搭載している建築会社はあまり多くありません。

イマジンホームでは、お客様に永く幸せに暮らしてほしいという想いから、住宅の地震対策にも力を入れています。地震対策にこだわった家づくりをしたい方は、ぜひ私たちにご相談ください!

トップへ戻る